岸 雄 一 郎 建 築 都 市 設 計 事 務 所
yuichiro kishi architects


HOME ABOUT PROJECTS CONTACT LINK
南 飛騨国際健康保養地
  健康学習センター設計競技案

back
同 素材の3通りの使用方法 実 践道場
ラ イブラリー/
研究室

水平ルーバー+ガラスで構成し,
視覚的に外と繋がる.
実 践道場


斜めルーバー+木製建具により
建具を閉じれば完全に閉じた
空間となる.
建具を開くことにより視覚的に
閉じられながらも限られた自然光
や外の気配 を感じられる.
倉庫/化粧室/
下足室/ロッカー等

外界との関わりを必要
としない場所である.
閉じた空間 建 具を全て開いた空間
外 装材に同断面のシンプルな木板を反 復して用いることでシンボリックな建築の佇まいの創出を意図した.
この木板を各々の場所に応じて3通りの使用方法と角度の違いによって外装テクス チャーに変化を与える.