YUICHIRO KISHI + Tobitaka Design Office


HOME ABOUT PROJECTS CONTACT LINK
multi dwelling house M

コンセプト
南面道路・南東・北東・北側
共用空間とテラス
配置図兼1階平面図
2・3階平面図
東西断面図
南北断面図
back

神 奈川県川崎市にある駅から徒歩圏内の住宅街における集合住宅の計画である。

20u程度の住戸12戸の確保が望まれた。

外壁は道路側、隣地側をコンクリート打放し、共用空間とアルコーブテラス側をコンクリート打放し下地の白色塗装仕上げとする。

これによって上方や周囲からの光が回折し、明るい共用空間とアルコーブテラスや内部空間となる。

通りから眺めるコンクリート打放し仕上げの外観は「へや」を内包するボリュームの隙間にアプローチするや否や白色塗装された共用空間へと一変する。

各部屋には共用廊下と階段でアクセスするが、共用廊下延長上には共用空間と自立しながら繋がる各部屋専用のアルコーブテラスを設ける。

そこには植栽などが配される等、各住まい手の生活スタイルが幾ばくか表出され、共用空間に表情を添える。

各住まい手は4つのボリュームに包まれた、「まち」と「へや」のあいだのような空間を日常的に行き来することになる。

この設えによって、12人のひとり暮らしが集って住まう「小さな界隈」への契機となることを期待する。



計画概要

用途地域
防火規制
高度地区
接道

主構造形式
主要仕上材材

敷地面積
建築面積
延床面積

建蔽率

容積率



第一種住居地域
準防火地域
第三種高度地区
南側道路幅員4m、西側通路3m

鉄筋コンクリート壁式構造
コンクリート打放し (
道路側、隣地側)
コンクリート着色塗料白色 (共用空間側)
154.83u
91.88u
243.12u (=12住戸の床面積)

59.35% (建蔽率限度60%)

157.03
(容積率限度160%)