YUICHIRO KISHI + Tobitaka Design Office


HOME ABOUT PROJECTS CONTACT LINK
multi dwelling house M



コンセプト
南面道路・南東・北東・北側
共用空間とテラス
配置図兼1階平面図
2・3階平面図
東西断面図
南北断面図
back




 










変化に乏しい


オーソドックスな


住戸配置を


組み替えてみる




オーソドックスな住戸配置
(約20u/戸 x 4戸/階)

共用廊下に直に住戸が面している共用廊下側のプライバ シー確
保が困難であることから、水廻り等の住設備が 配置さ れ、開口部の大きさは限定される。

概してメインの開口部がテラス側にしか確保し難い。

共用階段・廊下は隣家の壁沿いのスペースを隣 家の壁
を見ながらアプローチする典型的な集合住宅で ある。



少なくとも2面の開口部による採光と 通風確保

アルコーブテラスに面した開口部の確保と共に、南側道路側、東側通路側、隣地側に少なくとも2面の開口部を確保でき、採光や通風を得ることができます。


「まち」と「いえ」の中間領域


通りからのアクセスは上部がテラスになっているゲー トを潜
り、個々のプライベートな住空間で囲まれ、ま ちから少 し距離を置いた「まち」と「いえ」の間のようなアプ ローチ空 間(共用空間)を介す。

共用空間とは「自立しながら繋がる」ア ルコーブ状の各 戸専用テラス(アルコーブテラス)を設えており、ダ イニング キッチンアクセスとなっている。

各戸の開口部は、共用空間と直に対峙する関係ではな く、各戸のアルコーブテラスに開かれる。

植栽を配したり等、アルコーブテラスはそれぞれの住ま い手の
使い方によって、各住まい手の生活スタイルが 幾ばく表 出され共用空間に表情を与える。