岸 雄 一 郎 建 築 都 市 設 計 事 務 所
yuichiro kishi architects


HOME ABOUT PROJECTS CONTACT LINK
回 遊の家 - 豊かに流れる空間 -

コンセプト
平面パース
平面図
南側内観
リビングダイニング内観
ダイニングキッチン内観
道路からの外観
back
都内の緑豊かな地区に佇む築後約30年経つ木造2階アパート1階部分を夫婦のための住宅に改修する計 画である。
都市の戸建て住宅が約30年スパンでスクラップアンドビルドされる「フローの時代」から、建築物の骨格を残しながら、改修で需要に対応させ、
できるだけ長持ちさせようとする「ストックの時代」への移り変わりを反映しているようである。

現況






アプローチ(北側)
外壁から隣地 境界まで約2.4m。
道路から玄関まで2段の段差があるが
ユーザーフレンドリー(バリアフリー)に
でき、道路から階段へのアクセスももっ
とスムーズにできる。
道路側 (東側)
アパートの各部屋用に開口部が設けられている。
昼間でも雨戸が閉められている開口部
が ある。

南側
外壁から隣地境界まで約2.2m。
南側のアパートの外階段は壁で覆われ
ており、隣地沿いにほとんど開口部がな
く南側に大きな開口部を設けてもさほど
プライバシーを侵されるおそれはない。

西側
西日が当たるので、日差しを和らげる
また避けるため、開口 部に格子や反射
版が
で設けられている。





既存の木軸組み主要構造






南東上 方から
内部は木造軸組み、外部テラスと共用
廊下は鉄骨造。

上方から
内部空間は東西方向に既存各住戸の
間口3.64m、南北方向に各住戸内の部屋割り2.73m、それぞれの方向に3スパンずつ、計9つのグリッドの構成が主要な構造となっている。
9つのうち、中央のグリッドには日中でも自然光が入りにくい。
南側(東西方向)
東西方向に既存各住戸の間口3.64mが3つの主要なスパンとなっている。
東側(南北方向)
内部空間は南北方向に各住戸内の部屋割り2.73mが3つの主要なスパン(玄関側(北側)に水廻り、真中に和室 4.5帖、南側に和室6帖)となっている。