YUICHIRO KISHI + Tobitaka Design Office


HOME ABOUT PROJECTS CONTACT LINK
house t
ロケーション
計 画地周辺
man-made and nature
プロジェクトテーマ
配置図
模型(平面)
模型(鳥 瞰)
模型 (断面)
1階平面図
地階平面図
短手断面図
長手断 面図
光庭
back
クライアン トはITエンジニアとして,現代社会のパブリックからプライベートまで,あらゆるシーンにおいて,
物理的な形態は目にみえずとも,深 く関わっている情報という力を
社会の人々が成長発展することに活用していく仕掛け(コンピューターシステム)を構築すべく,多くの時間を費やしている.

電 脳(コンピュータ) ― 情報 ― 情報を活用する仕掛け(コンピュータシステム)

いわば限りなくman-madeな(人造的な)も のと向き合っ ているのである.
つかの間の休日には渓流に出かけ,フライフィッシングを満喫す る.
おそらく渓 流に行く目的はフライフィッシングだけではないだろう.
いつも向かい合ってい る,限りな
man-madeなものから解放され,せせらぎ,樹木 の匂い,鳥の囀り,
眼前に広がる景 観,大気の流れ(
nature)を体感することも,渓流へ出向く重 要な目的ではなかろうか.
都市環境,ITという
man-madeなものと対照性をなすnatureを 体感することにより,
頭脳,肉体を暫時,スイッチオフし,再び
man-madeなものへと戻っていく のである.