YUICHIRO KISHI + Tobitaka Design Office


HOME ABOUT PROJECTS CONTACT LINK
house t
ロケーション
計 画地周辺
man-made and nature
プロジェクト テーマ
配置図
模型(平面)
模型(鳥 瞰)
模型(断面)
1階平面図
地階平面図
短 手断面図
長手断 面図
光庭
back
   
*1

*2


*3

*4

*5

*6
貸スペースの1階部分の半地下にすることによりヴォリュームを抑え,住宅部分と貸スペース双方のプラ イバシーを確保する.

既存の枯山水を身近に感じることができるLDKの配置とする.双方のLDKの階と開く方向を違えることにより(一方は地階の光庭へ他方は中庭へオープン)
お互いのプライバシーを確保する.


光庭は上部に巨大な高さ∞のトップライト(天窓)をもつような,光,風,空,静寂(抽象化された自然)を体感できる内部空間のような外部空間である.


光庭に面する地階の内部空間はできる限り,ガラスを用いることにより, LDK,主寝室は明るい光庭を介して,視覚的に繋げることで,開放的な 空間を実現する.


波板ガラス(室外側)とフロートガラス(室内側)とを組み合わせることによ り,自然光を廊下,地階LDKへ拡散させ,明るく開放的にする.

地下を利用することによりヴォリュームを抑え,周辺の住宅から 垂直方向に距離をとることによって,プライバシーを確保する.