YUICHIRO KISHI + Tobitaka Design Office


HOME ABOUT PROJECTS CONTACT LINK
house t
ロケーション
計 画地周辺
man-made and nature
プロジェクト テーマ
配置図
模型(平面)
模型(鳥 瞰)
模型(断面)
1 階平面図
地階平面図
短手断面図
長手断 面図
光庭
back

*1




*2







*3

*4

*5


*6



*7


*8

通 り沿いに壁を背にして樹木を配す.
背後の無窓の壁をキャンバスに見立て,その前に配される樹木はあたかもキャンバスに描かれた樹木のように なり,街並みにおいて,ランドマーク的な存在になることを意図している.


貸スペースについては,機能の限定されたユニットバス,ダイニングキッ チンを通り側にコンパクトにまとめ,通りから奥まった場所に床レベルを 通りのレベルから半層分上げることによって,よりプライベートな多目的ルームを配することができます.このことは,住居部分と貸スペース間の視線の交差を なくすことにも繋がる.住人が2つの空間を行き来することことで,従来のワンルームでは,体験しえないであろう生活のリズムを少しでも感じられることを意 図している.


波板ガラスにより,外からの視線を遮りながら光を取り入れる.


浴室から坪庭(光庭)を眺めることができます.

双方のエントランスへ向かうための共通の光庭で通りから路地的空間を経て,体験する天井高∞のエントランスポーチ.

波板ガラス(室外側)とフロートガラス(室内側)とを組み合わせることにより,暗くて,ただ移動する手段でありがちの廊下へ自然光を拡散さ せ,明るく開放的にする.


光庭の樹木を細長いLDK空間のアイストップとすることにより,樹木がより印象的にする.


LDK,寝室は既存の複数の立派な潅木から成る枯山水と対角線に配される光庭には,樹木1 本のみを象徴的に設けることで,双方がお互いにひき 立てあうことを意図している.また,内部空間(LDKと寝室)は同様に対角線上に配され,対角線上にある外部空間(中庭と光庭)と分かちがたく一体感のあ る空間構成とする.コンパクトな内部空間を外部空間に関わらせることで,開放的でありつつプライベートな空間を実現する.